茨木市の内科【前羽クリニック】日本内科学会内科認定医・専門医心療内科症状(不眠症、不安症、うつ病)のご相談|JR茨木駅徒歩8分

診療時間表

茨木市春日2丁目2-18

072-625-6600

  • 問診票のダウンロード
  • 前羽クリニック アクセス
  • 往診可能

心療内科

不眠症

不眠症は、就寝する時間が十分確保されているにもかかわらず、不眠症状が長期間続いた結果、日中の精神・身体機能が低下した状態と定義されています。

不眠症には以下の4つの種類に分類されます。安易に薬物療法を導入することは慎まなければなりませんが、導入する際には、その不眠症の種類に適した薬物を選択する必要があります。また薬物療法を導入する前に、睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス(むずむず脚)症候群、周期性四肢運動障害、前立腺肥大などによる夜間頻尿、薬剤性睡眠障害、カフェイン摂取などの不眠の原因となりうる疾患、生活習慣の有無を確認する必要があります。

不眠症管理の目標は、あくまでも日中の機能障害とQOL(生活の質)の改善にあります。不眠症状の改善のみに執着しすぎてしまうと、眠れないことの恐怖、床に入ると逆に目が覚めてしまう、誤った睡眠習慣・環境などを取り入れてしまったりと、悪循環に陥ることになりかねません。この状態が長く続くと、眠れさえすれば問題は解決するという睡眠への過度の期待が生じることになり、どんどん状態は悪くなってしまいます。このような悪循環にならないためには、やはり日中の精神や身体機能の低下がなければ、少々寝れなくてもあまり気にしすぎないよう努めることも必要となります。

不眠症の分類

  • 入眠困難:床についても長時間寝付けない状態
  • 中等覚醒:いったん寝付いても何度も目が覚め、再入眠に時間がかかる状態
  • 早朝覚醒:通常の起床時間より2時間以上前に覚醒してしまう状態
  • 熟眠障害:睡眠時間が十分であるにもかかわらず疲れが取れず、熟眠感が得られない状態

PAGE TOP